狭いスプレッドが有利なXEマーケット


sdfjhureo4 FX取引では通常、買値(bid)を売値(ask)より高く設定することによって、その差額を手数料の代わりとしています。これをスプレッドというのですが、XM Trading | XEマーケット.com 口座開設でも多くの業者と同じようにこれを設定しています。トレーダーにとっては当然、スプレッドが狭いほど利用しやすくなるわけですが、業者側としてもこれがおもな収入源となるので、そう簡単に狭くするわけにはいきません。そういったバランスの中でXEマーケットでは、トレーダーに有利になるよう、より狭いスプレッドを設定しようと努力しています。

為替相場の動きによってその幅にも変化はありますが、米ドル/円ではおおむね2銭程度の平均額となっています。このようにスプレッドが安定しているということは、それだけトレーダーにとっても、コストをあらかじめ計算しやすいというメリットがあることになります。

XEマーケットの特長は、そのバラエティ豊かな取引銘柄にもあります。通貨ペアはメジャー通貨をはじめとして59種類も用意されていますが、特にマイナー通貨でも狭いスプレッドが設定されているのは大きなメリットです。また、新設されたXM ZERO口座を利用することによって、さらに狭いスプレッドでの取引も可能となります。ただ、XM ZERO口座では、マイクロ口座やスタンダード口座では対象となっている通貨ペアの中でも取引できないものがあるので、自分の希望する銘柄をしっかり確認しておきましょう。


安定したスプレッドはチャンスをつかみやすい

海外のFX業者を利用していると、為替レートの動きにともないスプレッド幅が変動していく場面がどうしても多くなります。こういった変動は、取引をする上であらかじめコストを計算しにくくなるため、トレーダーにとっては不利な要素となってしまいます。その点、XEマーケットでは他社にくらべその動きが安定しているので、大きなメリットといえるでしょう。

経済指標の発表があると、多くの業者ではスプレッド幅が広くなります。また、トレンドが強い場面でもその傾向は多く見られます。せっかく取引を始めようと思ったのに、スプレッド幅の広さに躊躇してしまった、という経験をしたことのあるトレーダーの方も多いのではないでしょうか。

もちろん、XEマーケットでもスプレッドに小さな変動はあります。しかし、たとえば米ドル/円なら最小で1銭、平均で2銭となっていて、ほとんどの場合で2銭ほどとその値はとても安定しています。経済指標の発表があっても一時的にスプレッド幅が広がるだけなので、その影響によって大きく動いた相場でも、ポジションを整理したり新規のエントリーを出すことに踏み切りやすいでしょう。

基本的にトレンドが大きく変化した後というのは、何らかの調整が行われないかぎり、しばらくはその方向で動いていくものです。トレーダーにとってはまさに絶好のチャンスといえ、そこで取引しやすい環境を用意してくれるXEマーケットは、じつに理想的な業者といえるわけです。